サンクスブログ

ハンドメイド好きな30代主婦

インスタを仕事にしてみた主婦

インスタで収入を得る方法が

最近になったようやく分かった主婦です。

 

 

インスタって私あんまり好きではなかったんです。

 

だって、自慢する為のものだと

思っていたから!🤣(どんだけ無知だったんだ!笑)

 

キラキラしている人が目立つんだけど

地味に頑張っている人がたくさんいるんだなぁと

最近知りました。

 

 

 

インスタで稼ぐって

アフィリエイトかな?

PRかな?って思う人が多いと思うんですが

 

それだけじゃないんです。

 

 

インスタで集客する方法を教える講座

 

をやって収入を得ている人がいる。

 

 

インスタで人を集めるって事を

仕事にしている人がいるんです。

 

 

集客というとビジネス用語のような感じがしますが

実はハンドメイドでも普通に使っているし

なんならスーパーでも使われている

単なるお客さんに

どうやって知ってもらおうか

 

ということ

なんですよね。

 

 

スーパーなら毎日のように新聞に

折り込み広告が入っています。

 

新聞を取らない世代なら

ネット広告ですかね。

 

 

ハンドメイドなら

ミンネや、クリーマがGoogleに広告を

出してくれていたり

 

それこそ

SNSを使って自分で活動報告などをして

人にどうやって広めるかを

試行錯誤しているはずです。

 

作ってミンネに掲載しとけば

売れるよね!

 

と思っている作家さんは

おそらく少ないはず。

 

 

やっぱりインスタやらなきゃだよなぁ〜

 

私もこういう風に思っていました。

 

 

そして実際インスタもFacebookもやってきたわけなんですが

 

 

まぁ、とりあえずやってみるってだけで

あんまり熱を入れていたわけではありません。

 

 

 

というのも

「今日食べたランチは〜」とか

「子供が〜」とか

 

もう芸能人みたいな投稿もバンバンしちゃってましたから

ブログを勉強した今となってはかなりお恥ずかしい🫣という気持ちでいっぱい(笑)

 

 

ま、つまり何が言いたいかというと

 

 

インスタで人に自分の商品やサービスを

知ってもらいたい!

 

インスタで集客したい!というなら

それは全然可能だよ!

 

 

そして

もしインスタからポロポロと商品が売れる仕組みを作れたなら

 

それ自体が商品になるよ!

ということなんです。

 

 

これを

コンテンツ販売とか言ったりします。

 

 

 

副業  

などのキーワードで調べたりしても

割と出てくるキーワードだとは思いますが

 

 

これでかなりの収入を得ている人は実はわんさかいます。

 

 

私はまだ、始めたばかりで稼いでるー!

とは言えませんが

 

3ヶ月目にしてチラホラとお客様から

お問い合わせが来はじめました。

 

 

インスタの攻略とまでは行かずとも

インスタは本当に使える集客媒体です。

 

まさかsnsが嫌いだった私が

インスタを仕事にするなんて夢にも思ってなかったわけですが

 

こうして地道にやってみて

 

なかなか悪くないな

と偉そうに(笑)思ったりしています。

 

 

 

こうしたsnsを使った収入というのは

YouTubeを見ても分かる通り

 

参考者利益というものが必ず発生します。

 

 

新しいものに全部買い付け!という意味ではないですが

 

インスタはまだまだ使えます。

 

 

気になったりした方はコメントくだされば返信します♪

 

 

最後まで読んでくださり

ありがとうございました✨

副業というかビジネスやりたくなった女

こんにちは

お越しいただき感謝です。

 

私はとうとうビジネスを

やりたくなりました。

 

そもそもビジネスの定義としては

人が求めているものを

提供して

その価値提供の代わりに

収入が入る

 

こういう事を目指してるわけです。

 

 

そしてもちろん

収入の確実性を目指すわけです。

 

 

いいですね。

勝たない勝負はしないんです。

 

 

勝てるとこでしか戦わないってことです。

 

 

私はハンドメイド販売を6年してきました。

 

コロナで売り上げがガクンと落ち

精神的にも追い詰められたこともありました。

 

だけど

そのおかげでビジネスについて

収入を得ることについて

とことん勉強する事ができました。

 

 

本当にピンチはチャンスです。

 

 

まずはハンドメイドで売り上げが

落ちてしまった要因を紐解いて行かなくてはいけません。

 

ではいきますね

 

①浴衣や甚平など

イベントでの作品をメイン収入にし過ぎていた

 

まさかは本当にあって

イベントが出来なくなるというエラーを

想定できていなかった。

 

 

そして次に

②価格。

 

「とりあえず売れなければ安くしよう」

こんな浅はかな考えでずーっとやってきました。

 

 

おかげで価格競争という

いちばん乗ってはならない

いばらの道に自ら踏み込み

 

 

そして疲れ果ててしまいました。

 

 

そして

まだあります。

 

 

③生地を買い込みすぎるクセ

 

 

まだ使っていない生地がわんさかあります。

たぶんハンドメイド販売をされている方ならあるあるだろうと思いますが

 

 

これで家を圧迫し始めて

私はもうこんなのやだーっとなっちゃいました。

 

 

とにかく物が増える事がいやだ。

そして断捨離、ミニマリストに憧れはじめる。

 

 

ま、とにかく手芸用品というのは

一期一会というところも本当に本当にありまして。

 

めちゃくちゃかわいいー!と思う生地が

次に見に行った時には廃盤になってた、、、

 

とか普通にある世界なんですよね。

 

 

それを防ぐ為にドカっと買っちゃう。

でもそんなに沢山はすぐに作れない。

 

そして可愛いと思って

売れる!と思ったら意外と売れない

 

 

とかあるわけですよ。

 

なかなかシンドイ(泣)

 

 

そんなこんなで簡単にいうと

仕入れをミスってるという事です。

 

失敗要因としてはこんな感じでした。

 

もしこれから続けていくのなら

縫い子さんをクラウドワークスで募集していかないと道はありません。

 

そして尚且つ生地も管理してくれる人がいいですね。

 

そんな人と出会えるかはわかりませんが

募集してみないことには始まらないので

近いうちにやってみようと思います。

 

 

もし気になる方いらっしゃればコメントくれたら嬉しいかもです。♡

 

 

というのも

以前入園入学シーズンに友人に頼まれて

レッスンバックを作る事になったのですが

これがもう色々と忙しくてなかなかできず。

 

しかもビジネスするならハンドメイドも縫い子さんを外注化することは避けて通れないなと思っていたので

 

 

いよいよクラウドワークスで応募してみたんです。

 

そしたら9人もの方が応募してくださって。

そしてその中からお一人

偉そうですが選ばせていただいて

 

ナップサックやレッスンバックなど

作っていただきました。

 

 

とても上手に仕上げていただいて大満足だったんですが、その方に洋服はどうでしょうというと

 

「すみません、それはちょっと無理です」と言われ、そりゃそうだよね、と思って

諦めてたんですね。

 

 

そこからまた募集を新たにかければよかったんですが

これがまた型紙とかも私が自己流で作る人だから

説明とかが大変だなぁ、、とか思っちゃって

 

先延ばし先延ばしになってしまっている状況なのです。

 

 

とにかくビジネスは行動が命。

 

 

今しなくちゃいけない行動としては

 

作り方のマニュアルを用意して

沢山の人に作ってもらえる状況を作ること。

 

 

でもだいぶスランプが続いてというか

サボっちゃったんで

お客様が戻ってきてくれるには

また時間がかかりそう、、、

 

作ってもらって赤字続きじゃぁダメですからね。

 

 

集客にも力を入れて行かなければなりません。

 

 

 

と、考えるとめんどくさくなってきます。

 

 

ハンドメイド子供服販売は

ほぼアパレルです。

 

 

価格競争に陥ってしまった場合

本当に救いようがないんです。

 

価格で選んでくるようなお客様を呼んでしまえば

そのお客様は価格でまた違う安い販売者を選ぶのみ。

 

 

だからブランディングやファン化が大切なんですね。

 

 

まだまだ課題だらけですね。

 

 

 

 

そんな感じです。

 

 

 

あー田舎に食パン専門店出したら

絶対売れる

 

そっちに行こうかな〜←懲りないやつ

収入アップには文章しか勝たん

こんにちは

 

✔️月プラス3万円あったらなぁ

 

✔️支払いの恐怖から抜け出したいなぁ

 

✔️親孝行したいなぁ

 

こんなお悩みありませんか?

 

 

 

実はこれ

過去の私の悩みなんです(笑)

 

 

 

 

4.5月は税金や、子供の入園入学など

なにかと

出費がかさみますよね、、

 

 

ほんとにちょっと待って〜というくらい

集金袋の嵐

 

 

娘の習い事の月謝も

今月に限って

衣装やらなんやらの購入もあり

 

 

いつもの倍以上に、、

 

 

 

つらぁい。

 

 

とか前まで思ってました。

 

 

 

でも最近文章を書いていて

文章の仕事をしたり

(ライティング案件など)

 

 

店舗の集客のための

チラシの文章の提案をしたりして

 

 

色々とお仕事をさせていただけるように

なりました。

 

 

 

プログラミングを勉強したり

WEBデザインに心変わりしたり

 

はたまた

動画編集をしてみたり。

 

 

 

もうあれこれやってきましたが

このMacBook Proを買って

初めにとりくんだ

 

ライティングが一番身を結びました。

 

 

 

なぜ文章で収入UPに繋がったのか。

 

 

いやいや、もともと国語の成績よかったんじゃない?

そんな声が聞こえてきそうですし

 

実際に友達にも言われました。

 

 

だけど私国語とか

本当に嫌いだったし

 

 

綺麗な日本語を学んだ訳でもないし

 

 

本を読むのだって嫌いでした。

 

 

また友達はこんな事もよく言います。

 

私はパソコン好きじゃないし

文章なんて無理無理!

 

 

でも考えてみてください。

 

 

パソコン好きとか嫌いとかの前に

 

お金稼げるなら

絶対やるよね!

 

 

仕事なんだもん。

 

 

たぶん友達は

 

収入を得られる

イメージが湧いていないんだと思うんです。

 

 

 

だって人って

確実にお金もらえるって

言ったら

嫌いな事務作業だって、

肉体労働だってしますよね。

 

 

 

それと一緒で

正社員で毎月お給料がもらえるのなら

絶対に文句言わずに仕事をこなすんですよね。

(文句は言ったりしますかね笑)

 

 

 

だから

副業とか、した事のない事だとかって

確証がないから

どうしても怖くなって

 

 

せっかく頑張ったとしても

失敗したらどうしよう

 

 

私がそんな事できるはずないとかって

 

思っちゃうんです。

 

 

人間の脳ミソってそういうふうに

出来ていて

 

 

損失回避の能力にたけているからこそ

こういう考えになるわけです。

 

 

 

だから逆に

きちんと示された収入への道が

あったとしたら

 

 

人は動く。

 

 

 

YouTuberだってそうですよね。

 

最初はみんな

あんなの仕事じゃない

きちんとした仕事についた方がいい

 

 

なんて言っていたのに

 

 

儲かると分かったら

どんどん参入する人が増えて

 

 

今や新しく始めたって

稼げないよっなんて言われているわけです。

 

 

だから

ほとんどの人は確証がないと動かない。

ということです。

 

 

YouTubeなんかは

早く始めた人が得をする

先行者利益というのがめちゃくちゃ強い媒体なので

 

やはり今からというのは

かなり苦労すると思いますが

 

 

その点においても文章は違います。

 

 

 

多くのものは基本的に文章から

成り立っていて

 

 

文章術を身につけるのに

流行り廃りもなければ

 

 

先に始めたから稼げる

 

 

なんてことはないんです。

 

 

 

しっかりと

スキルを磨いていけば

一生ものの宝になります。

 

 

 

そして人を惹きつける文章が

書ける人になれば

どこからも引っ張りだこです。

 

 

 

文章しか勝たん。

 

 

もっともっと書いて書いて

アドバイスをもらいながら

成長していきたいと思います!

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました😊

 

ありがた迷惑?

こんにちは

 

今日はうちの息子2人に

起こった悲劇について。

 

 

今日は長男くんが

実家のばぁばにどうしても会いたくなったようで

 

 

「ばぁばのとこ行く!」

と何度も言うので

 

正直私はあんまり

乗り気じゃなかったんですが

車を走らせ

 

 

わざわざ

10分かけて←

ばぁばのとこにいきました。

 

 

 

悲劇が起こったのは

その車内で。

 

 

次男くんは

後部座席にジュニアシートをして

座っていて

 

 

私のスマホを貸して欲しいというので

 

私がスマホを運転席から

渡したのです。

 

 

その時長男くんは

隣にいました。

 

次男くんは

まだ3歳なので

 

 

上手く取れなかったようで

スマホを足元に落としてしまいました。

 

 

「あっ!」と

次男くんが拾おうとした時

 

 

長男くんが

バッ!っとシートベルトを

伸びるだけ伸ばして

 

 

取ってあげたんですね

 

 

 

そしたら

次男くん。

 

 

ウギャーーーーー!と泣き出し

 

「僕が取りたかったー!

何で取るんー!

バカー!」ともうパニック状態。。。

 

 

 

私も運転してるもんで

全然後ろを見る余裕もなく

 

 

まぁいつものことかとも思いながら←

 

 

 

運転していた訳ですが。

 

ここで長男が

 

「せっかく取ってあげたのに

なんで怒るの!」

 

 

と、また起こり出したんですね〜

 

 

 

まぁここも良くある話なんですが

 

 

これビジネスとか

ものを売る場合でも

ある事だな〜

と思って見てたんです。

 

 

 

その時私はこう言いました。

 

 

「長男くんはとってあげたかったんよね〜

でも次男くんは

自分で取りたかったのよ」と。

 

 

なんでなんでと長男くんも次男くんも

泣いている中

 

 

やっぱり

自分が何かを売りたいと

思っても

 

それが

買い手に取って

嬉しいものじゃなかったら

 

 

もちろん迷惑なだけだよなぁ〜

 

 

お金がかかわってくれば

なおさらだし

 

 

むしろ

それってめっちゃ

嫌われちゃうよなぁ〜

って。

 

 

 

まぁそれは

私の最近の失敗した体験談でもあるんですが。笑

 

 

 

自分は

この商品最高だぞ!

これがあれば人生変わるぞ!

めっちゃ良くなるぞ!

 

 

と思っても

相手が必要としていなかったり

 

相手に合っていると

わかっていても

 

相手がそれを理解してくれなかったら

 

迷惑でしかないんだよなぁ。

 

 

 

それを

分からせようなんて

おこがましいわけで。

 

 

もちろん

そんなこんながあって

ビジネスって

集客

教育

販売だって

 

言われてるんだろうけど。

 

 

簡単じゃないなーと思った

出来事でした。

 

 

 

長男くんは

その後

納得したようで

 

 

次男くんの行動を見て

とってあげるか決めよっか

 

 

ということになりました。

 

 

 

子供の行動って

大人でもやってしまうこと

あるんだなぁ〜と

 

 

思った出来事でした。

 

 

 

反省

 

 

だけど

失敗しなきゃ

人生変わらないし

 

 

これも成功のもと!と思って

前にすすみます♫

 

 

読んでくれて

ありがとうございました♡

 

 

 

 

作品が売れない時の改善点

今日はハンドメイド作品がどうしても売れない時の対処法!

書いていこうと思います!

 

こんなお悩みありませんか?

 

『自信作だと思ったのに思いのほか売れないしいいねも付かない』

 

自分としてはかなり良いものができた!と意気揚々と出品するのだけれど

なぜか全然売れない

 

『私ってセンスないのかな・・・』と自信を無くしてしまう。

 

実は過去の私もこうして悩んだことがありました。

 

 

どうして売れないのか

それには必ず理由があります。

ハンドメイドも立派なビジネスです。

しっかりと

 

計画をたて

実行し

反省し

改善していきましょう

 

そうすることによって

どんな商品が売れやすいのか、そして売れにくい商品はどのように改善していくと売れやすくなるのか

わかっていきます。

 

1度出品して

『これは売れないわ』

と諦めてしまうのはちょっと勿体無い。

 

まず具体的にどのように改善してみるのか

 

❶1枚目の写真を撮り直してみる

写真は第1印象であり、1枚目の写真をクリックしてもらわなければ

頑張って考えて書いたその作品の説明文も、いいところも2枚目の写真だって見てくれません。

 

これは当たり前ではありますが

売れない作家さんの見落としがちな点でもあります

 

改善策としては

・写真の露出を上げてみる

・コーディネート写真を1枚目に持ってくる

・画像を加工する際にショップのロゴを入れてみる

 

こうすることでブランディングすることができ作品としての格が上がって、お値段もちょっと高くても売れるようになってきます。

 

❷キーワードを変えてみる

必要としてくれているお客さんの層に届いていない。つまりキーワード選定をミスっていたり、いつもと毛色の違う作品だった為、ファンのお客さんからすると好みではない

場合見てくれているお客さんの心を打っていないことがあります

 

改善策としては

キーワード(お客さんが検索窓に書きそうなワード)を説明文や、タイトルに入れる

そうすることによって探している人にヒットして購入率が上がります。

 

例えば

いつも作っている可愛い系の洋服でなく、ちょっと個性的な作品を作った場合

『個性的』とか『人とかぶらない』とかその必要としてくれそうな

お客様が検索窓に打ちそうな言葉を積極的に説明文に入れていきます。

 

もしくは姉妹ブランドとして新たにアカウントを開設したりして

お客様に注目してもらうよう、仕掛けていくのも効果的ですよ

 

沢山の作品の中から見つけてもらうためにできることをしていきましょう!

 

 

 

 

厄年はどれだけ人の役に立ったか試される年

田舎のPTAは地獄だ

 

そんな言葉を耳にした。

正直毎年こども園か小学校の役員をやっている。

 

人数いないから仕方ない

人数が少なくなっているのに

役員の数は減らない

 

どうすべきだろう

 

これは田舎に限ったもので

都会と言わずとも

規模200人〜300人くらいいれば回避されることかもしれない

 

うちの学校は100人をきった。

 

学年は20人をきるクラス続出。

 

もう人口減少を止める術を探しても

仕方ない。

 

私の母校も全て廃校になっている。

 

100人きると、もう50人は目の前

 

 

PTAにもしてもこども園、幼稚園の役員にしても結局やるしかないのだけれど

正直やりたくなくて

1度もやっていない人もいる

 

わたしはそういう人達が羨ましい。

 

どちらかと言うと集まりに参加すれば黙っておけないタイプだし

司会をしている人が孤立するのがかわいそうで

ついつい発言してしまう。

 

役員をやらない人は

だんまりが得意だ。

 

羨ましい。

 

責任感なんてそんな大それたものではないが

 

そんな責任感のカケラもない人が

世の中にはいる

 

とりあえず

会長にはなりたくないし

子供が小さいうちに低学年のうちに

役員やっとくか!で、それまでジャンケンまでして争っていた役員の枠が

年長さんや6年生になるといっせいに

カラになる。

 

もはや滑稽である。

 

もうそれは仕方のない事ではあるのだけれど

だけど

あからさまに1年も役員をしていない人もいれば

ほんとーに普段色々言っている割に

会長はしないのか

思う人もいる。

 

ちなみに筆者も会長はしたくないが

いつかはしなければいけないと

旦那と覚悟を決めている。

 

会長なんてやりたくない。

だけど田舎のPTAにおいては

定めだ。

 

しかし

先に述べたような上手く色んなことを

回避している人々は

言ってしまえば

信用されていないし

あ、逃げたなって

心では思われているのだ。

 

厄年って何であるか知ってる?

今までどれだけ人の為に役に立ったか

それを確認する年なんだよ。

 

この言葉を役員に置きかえると

自分の楽さばかり求めて

誰の役にも立っていない人は

厄年の時に厄年らしいことになると言う事になるらしい

 

世の中はバランスだ

 

本当に良くできていると思う

 

幸せなお金持ち程、世の中のことを考え

復興の為に出来る限りの支援をしたり

貧しい国の為に動いたり

至福を肥やすだけの為に働いていないのだ。

 

 

自らの利益のためだけに

動く人は結局

大きく損をして

かこっていた財産を

失ったりする。

 

人の為に生きろとは言わないし

そんな余裕ないわ!という気持ちも私にもあるのだけれど

この自分よがりを治すだけで

世界は変わって行く。

 

実際自分も

過去どうやったら儲かるか

どうやったら良い車に乗れるか

どうやったら家族が幸せでいられるか

 

考えが内に内にうちにうちに

ばかり行ってた。

 

そうやっていても

なんだか物事が上手くいかず

結局ぐるぐるぐるぐる

同じ所を

彷徨っていただけだった。

 

夫婦関係にしても子供の健康にしても

そうだった。

 

他人に視点を変えてみると

意外と家の事が客観的見えてきて

 

あぁ、自分はこんなにも

持っているものがあったんだと

気付いたりする。

 

足るを知る

 

私の好きな言葉であり

忘れないでいたい言葉だ。

 

さぁ、文句ばかり言ってないで、楽しく過ごそう!人を大切に。

なんだかんだでそれでも田舎が大好きで

みんながいるこの土地に

一生居たいと思うのだ

 

 

ハンドメイドをしたいけど売れ過ぎたらどうしようという悩みについて

こんにちは

 

今日はハンドメイドをしたいけど売れ過ぎたらどうしようという悩みについて

 

私がハンドメイド作家をしていてよく聞く話なんですが、『ハンドメイド作家ってすごいよね、ハンドメイド私もしてみたいなー』という方はよくいるんですが、『じゃあしてみたらいいじゃーん』と話してみるとそのいう方はよく『でも売れすぎたらどうしよう』と言います。

まずそれは、取り越し苦労というやつです。

やっぱりやってみないとわからないっていうのは何でもそうなんですが正直言ってこれに尽きると思います。

 

作ってみて、それだけでも得られるものっていうのはめちゃくちゃあるのでまず行動してみる。これに尽きると思います。

尚更売ってみるといろーんな事に気付きます。

あこれは無理ゲーだなんてめちゃくちゃ思いました。

めちゃくちゃ落ち込みました。

 

やってみてもいないことで悩まない

とにかくやってもいない事で悩むのは

なんでもそうですがやめましょう。

というのも

本来の悩むポイントが違います。

『どうやったら売れるのか』

こちらを考えるのが正当なはずです。

そもそも簡単に売れないというのが現実です。

企業だって相当な苦労をして物を売っています。

 

 

最初から売れる人なんてまずいない

最初から売れすぎて困るなんて人聞いた事がありません。

大丈夫。素人の作ったものを最初から欲しいという人はよほどファンがいる人とかで無い限りあり得ません。

 

実際に売れすぎて困った時はキャンセルをすることもできる

売れすぎて困った時、これは正直本当に経験していくことかと思います。

売れ筋の商品が出てきたり、自分自身の欲が出て来たりと、商品を販売していくと悩む事も増えて来ますが、どうしても無理な時はキャンセルする事もできます。

私も体調が悪くなったり、もう限界だと思った時は本当に申し訳ない気持ちでしたがお断りをしていました。

今は縫い子さんを雇ったりして、なんとか保っている状態です。

 

逆に売れすぎて困っているということを書くともっと売れる

売れている商品というのは自然とお客様も欲しくなるようです。

行列に人が並ぶの同じ原理です。

どうしても売れて欲しく無い時はオーダーストップしても良いと思いますが、売れすぎて困っているような雰囲気を出すと、人はそんなにいい人が欲しいと思うものってどんなものなのだろうと気になり出すんですよね。

正直、この文章を読んでいる方も

一体筆者はどんな作品を作っているんだ?

と、気になっているはずです。

でも私は色眼鏡で作品を見て欲しく無いので

ブログでは作品は開示していません。

あくまでもハンドメイドをしている人たちの何かの支え的なものになればと思っています。

 

在庫をしっかりと管理して少ない在庫しか表示しないようにする

これは結構大切なことで

何故か分かりませんが

在庫を10個にしているより、3個とかにしている方が良く売れました。

まあこの回では売れることを目的ではなく

売れすぎないように、セーブする方法的な内容なので

売れる為の在庫管理では無いんですが

minneや、Creemaなんかは在庫という作品ページの表示機能があって

これは作者が自由に変更可能です。

最初から1つとかにしておけば

1つ売れたらそれ以上どうやっても購入されません。

当たり前ですが

ここを考えれば

売れすぎるということは

事前に防げることだとわかると思います。

 

 

 

まず行動する

もう人生これに尽きます。

そこまでリスクもなく、人に迷惑をかけない、自分の為になることならばとりあえずやってみる!

これが成功の秘訣です。

どんなに知識を入れ込んでも行動していなければ

成功するはずなんてないんです。

当初の私はまさにこれでした。

 

 

できることからする

最初から大きなことなんて絶対にできません。

今大きな金額を稼いでいる人だって

最初は少額しか絶対に稼げていなかったはず。

当たり前だけど

これを忘れて今大きく成功している人の真似をしようとしても

そこには挫折が待っています。

まずは自分に何ができるだろう。

松ぼっくりを拾ってメルカリで売ってもいいし

いらないものをフリーマケットで販売してもいい。

どうやったら人は物を買ってくれるのか

少しずつ上に向かっていきましょう。